ここから本文です

Step Up かぶオプ

かぶオプの売り方とは(コールオプション編)

かぶオプを買った場合は、オプション価格(プレミアム)を支払い、権利行使価格で株式など原資産をコールオプションなら買うことのできる権利、プットオプションなら売ることのできる権利を取得することができましたね。そして、権利行使日=取引最終日に権利行使することで原資産を購入・売却するか、権利放棄して原資産を購入・売却しないことを選択できます。

すなわち、かぶオプの買い方は、損失は支払ったオプション価格(プレミアム)の分だけに限定され、コールオプションの場合は原資産価格が上昇、プットオプションの場合は下落したとき、利益が増大するんでしたね。

かぶオプの売り方とは

では、かぶオプを売った場合はどうなるのでしょうか?

「かぶオプの売り方」は、かぶオプを売ったときにオプション価格(プレミアム)を受け取る代わりに、「権利行使に応じる義務を負う」こととなります。コールオプション、プットオプションのどちらの場合でも、買い方は原資産を「買う・売る」の権利を「行使する・放棄する」の選択ができますが、売り方は権利行使された場合、必ず買い方に応じなければなりません。

つまり、「コールオプションの売り方」の場合には、買い方からオプション価格(プレミアム)を受け取る代わりに、原資産を権利行使価格で「売却する義務」を負います。また、「プットオプションの売り方」の場合には、買い方からオプション価格(プレミアム)を受け取る代わりに、原資産を権利行使価格で「購入する義務」を負います。

もう少し分かりやすく、JPX電鉄を例に説明したいと思います。

コールオプションの売り方=原資産を売る義務

JPX電鉄の株価が1,000円のとき、権利行使価格1,200円のコールオプションを250円で1単位売ったとします。この場合、権利行使日=取引最終日にJPX電鉄の株価が1,500円に値上がっていたとすると、コールオプションの買い方は市場価格よりも安く買えることになりますので、権利行使します。売り方は、JPX電鉄株を権利行使価格である1,200円で売却する義務を負うことになります。

売り方が既にJPX電鉄株を保有していれば、保有しているJPX電鉄株を売却しますが、保有していない場合は市場価格の1,500円で買い付けて、1,200円で権利行使に応じて売り付ける必要があります。JPX電鉄株100株※を買い付ける必要があり、JPX電鉄株の売却によって3万円の売却損となります。かぶオプで250円のオプション価格(プレミアム)を得ていますが、トータルでは29,750円の損失となります。

※JPX電鉄のかぶオプ1単位は、JPX電鉄株100株(単位株数)です。原資産ごとに単位株数は異なっており、株式の場合は単位株数が100株か1,000株のどちらかとなっています。

【計算式】
かぶオプの損益 :かぶオプを売却したオプション価格(プレミアム)=250円
株式の損益 :{JPX株を買い付けた株価(1,500円)-JPX株を権利行使価格で売り付けた株価(1,200円)}×JPX電鉄株1単位(100株)=▲30,000円
トータルの損益 :かぶオプの損益+株式の損益=250円-30,000円=▲29,750円

このように、コールオプションのかぶオプを売った場合には、買い方が「買いたい」と権利を行使したときに、必ず売らなければなりません。

また、かぶオプの売り方は損失が無限大に拡大する可能性があるため、十分留意して取引を行う必要があります。株価が1万円、10万円とどんどんと上昇すれば、JPX電鉄株の市場価格と権利行使価格(1,200円)の差が8,800円、98,800円と拡大してしまい、かぶオプ1単位=JPX電鉄株100株が必要ですので、100倍の88万円、988万円と売却損が拡大してしまいます。

一方、買い方が権利放棄した場合には、オプション価格(プレミアム)がそのまま手元に残ることになります。権利行使価格が1,200円ですから、かぶオプを売買したときのJPX電鉄の株価が権利行使日=取引最終日に1,000円のままでも、かぶオプの買い方は1,000円で買えるところわざわざ権利行使で割高な株価で買い付ける必要はありませんので、権利放棄します。売り方は1,200円で売る義務は負っていましたが、権利放棄されると義務が消滅して応じる必要がなくなり、トータルの利益は250円のオプション価格(プレミアム)となります。


ページトップへ