ここから本文です

Step Up かぶオプ

かぶオプの売り方とは(プットオプション編)

プットオプションの売り方=原資産を買う義務

今度はプットオプションの売り方の場合です。JPX電鉄の株価が1,000円のとき、権利行使価格800円のプットオプションを250円で1単位売ったとします。権利行使日=取引最終日にJPX電鉄の株価が500円に値下がったとすれば、プットオプションの買い方は市場価格よりも高く売ることができますので権利行使します。この場合、売り方はJPX電鉄株を権利行使価格である800円で買う義務を負います。JPX電鉄株を8万円(100株×800円)で買い付けます。そのまま、市場価格の500円で売り付けると100株×(800円-500円)=3万円の売却損となります。かぶオプで250円のオプション価格(プレミアム)を得ていますが、トータルでは29,750円の損失となります。

【計算式】
かぶオプの損益 :かぶオプを売却したオプション価格(プレミアム)=250円
株式の損益 :{JPX株を売り付けた株価(500円)-JPX株を権利行使価格で買い付けた株価(800円)}×JPX電鉄株1単位(100株)=▲30,000円
トータルの損益 :かぶオプの損益+株式の損益=250円-30,000円=▲29,750円

かぶオプの売り方はJPX電鉄株をすぐに売り付けることなく、JPX電鉄の株価が上昇すると見込んで保有し続けることもできます。株価が上昇すれば損失額が縮小し、株価が800円で売買損益はゼロ、800円よりも上昇すれば売却益が生まれます。反対に、株価500円よりも低下すれば、売却した場合の損失額は拡大し、最悪株価1円になると(800円-1円)×100株=79,999円の損失となります。コールオプションの売り方は株価に上限はありませんので損失が無限大に拡大する可能性がありますが、プットオプションの売り方の場合、マイナスの株価はありませんので、損失には上限があります。

ちなみに、かぶオプを買うときは必要ありませんでしたが、かぶオプを売るときは「証拠金」(先物・オプション取引の損失をカバーするためのお金)が必要となります。証拠金については、今度詳しく説明しますが、実際に必要な証拠金額は証券会社によって異なりますので、確認してみてくださいね。


ページトップへ