ここから本文です

Step Up かぶオプ

権利行使をするとどうなるの?

かぶオプでは、権利行使をできる日が決まっています。毎月第二金曜日の前営業日が「取引最終日」であり、この日のみ「権利行使」ができます。

権利行使をできるのは、オプションの買い建玉を持っている人だけです。
取引最終日を迎えた限月の買い建玉を持っている場合は、オプションの対象となる株式・ETF等の最終値段が確定すると、この値段をもとにITM(イン・ザ・マネー)、ATM(アット・ザ・マネー)、OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)が判定され、権利行使・放棄の判断をします。
→ITM、ATM、OTMの意味はこちら

例えば、JPX電鉄の権利行使価格700円のコールオプションを買い、買い建玉を保有したまま取引最終日を迎えたとします。
この日のJPX電鉄の最終値段が800円となった場合、保有しているコールオプションは現在の株価より安く買える権利となるので、ITMと判定されます。
ITMの判定を受け権利行使をした場合、翌営業日(T日)に現物のJPX電鉄株を買い付けることになり、T日+3営業日に現物を保有することになります。

権利行使をしても、その結果発生する株式や代金の授受は権利行使の4営業日後となることに留意しましょう。

また、権利行使申告についてはITMの場合に限り、自ら申告をしなくても自動的に権利行使されます。権利行使をしたくない場合は、権利放棄の申告が必要になります。
反対に、ATM、OTMについては自動的に権利放棄となりますので、権利行使をしたい場合は権利行使申告をする必要があります。


ページトップへ